toggle
2018.07.09

起業塾で成果が出ない3つの理由②

おはようございます。佐藤友子です、起業塾で成果が出ない3つの理由①の続きです。

人気ブログランキング

(ブログランキングの応援ありがとうございます。今日も起業塾ついてです)

月2でひっそり?講座を主催しています。

 

(2)気合いが続くのは平均3ヶ月

もう一つ、起業塾で成果が出ない理由として、期間が短いというのがあります。よく「やる気モードになったからハイスピードでやっちゃうぞー!」みたいなテンションの方がいますが、それって続いても3ヶ月。つまり、3ヶ月間はある程度無理して人間頑張れるのでそこそこの表面的な成果は出せるんです。

 

たとえば「1ヶ月で100人の方に声掛けてあって営業してきてね!」というノウハウがあったら、まぁできるレベルじゃないですか。1日3人に会えばいい。頑張ればいける。とりあえず数名くらいには売れる。一応結果らしいものは残りますよね。しかし重要なポジショニングや商品設計、ましてやビジネスモデルをと無視して(飛ばして)しまうと、、、どう考えても長く続けるビジネスなんてできないのです。

 

「やる気モード」の人はパワーが強く、周りを巻き込むタイプなので引っ張られやすいです。あなたの周りにもいると思います。もしくは憧れの方がそのタイプかもしれません。

 

けれどそこで惑わされず、ウサギとカメの亀のように自分がやるべきことを淡々とやり続ける土台を作る。それが何よりも重要です。例えば医師になりたいという夢があるのなら、やる気モードになることも重要ですが、まずは自分の学力を知るところから。そしてそれを底上げするところから。ですよね?

 

自分にあった対策をしないことには、一向に夢は叶いません。逆にいうと、自分にあったことをすれば夢や目標は叶うということ。偏差値40の学生が医師になる事は可能ですが、そのためにはコツコツ学力をあげてまずは医学部に合格するところから。1年でできる人もいれば10年かかる人もいます。(私の友人で実際10年かかった人がいた!)

 

あなたの夢や目標って、ぶっちゃけ3ヶ月やそこらで叶うようなこと???って事です。

 

そう考えると果たして塾などで「3ヶ月間駆け抜ける」事は適切な選択なのか?という問いが私の中に生まれたので(要は3ヶ月は短すぎるという事。燃え尽きて終わる。)気合いではどうにもならない1年という期間(笑)に、自社のプログラムを思い切って改訂しました。「コツコツ改善する習慣が否が応でもつく」ので、気がついたら目標は達成されているのです。

 

あなたの目標達成方法は、短距離走型でしょうか?長距離走型でしょうか?長距離走型の方が、成果も出せて幸せな人生を歩めるのです。

 

次回「起業塾で成果が出ない3つの理由③」では一番の鍵になる事をお伝えします。

 

弊社の情報発信媒体で一番濃いメルマガ登録はこちら。無料で登録&解除は自由です。お気軽に読んでみてください。

友だち追加

 

 

弊社の情報発信源(Free)
*Q&Aや動画配信で
「スグ使えて役に立つ」メルマガ
「経営力向上委員会」
*週一配信のLINE@
「Morning Supplement」

 

関連記事