toggle
2018.07.30

「大企業との仕事」ってエライの?

こんばんは。佐藤友子です。わたしたち中小零細や個人事業では、仕事先(依頼主やパートナー)が「大企業」「上場企業」ときくと、「すごーい!」ってなりがちです。

 

人気ブログランキング

(ブログランキングの応援ありがとうございます。今日は大企業病についてです)

 

高層ビルはわたしも好きです。笑

 

「大企業との仕事が決まりましたー!」

の解釈は2つあります。

(1)大手企業にもみとめられる実力がある(プラス)

(2)下請けとして認識されている(マイナス)

 

どんなことにもプラスとマイナスの両面があって、いい悪いは判断できないです。個人の解釈によるところも大きいでしょう。けれど私たち中小零細や個人事業は、大企業や上場企業から仕事の打診が来ると、、ついつい舞い上がってしまうことがあります。

 

けれどフタを開けてみると、単価は低い、要求は厳しいなどなど、、「仕事」として見ると決していい面だけではない。むしろマイナス面の方が大きいということもあります。

 

「上場企業」のブランドよりも大事なこと

結果として見栄えや体裁だけはいいけど時間に追われて辛い、利益にもなってない。せっかく起業したのに自分でコントロールもできないことばかり。

 

いいことといえば、周りの友達や事業主仲間に「すごーい!」と言っていただけることだけ。。

 

見栄やそんな小さなプライドのために仕事をしているのか??これじゃ会社員だった頃の方がよっぽどマシじゃないか?とか、わかんなくなってきちゃうことも。「雑誌に載った」「取材を受けた」とかも同義語ですね。

 

それ、いったい「何」になってるの??って・・・。

 

もしもその大企業との仕事が何かにつながるのなら、一度くらいは受けてもいいかもしれません。けれど本質は、届けたいお客様に届く。会社にも利益がちゃんと残る。そっちの方が100万倍大事だったりします。

 

あなたの仕事を受ける基準はなんですか?きゅうくつな思い、していませんか?

 

弊社の情報発信媒体で一番濃いメルマガ登録はこちら。無料で登録&解除は自由です。お気軽に読んでみてください。

友だち追加

 

弊社の情報発信源(Free)
*Q&Aや動画配信で
「スグ使えて役に立つ」メルマガ
「経営力向上委員会」
*週一配信のLINE@
「Morning Supplement」
関連記事