toggle
2019.05.31

ブログで集客する方法

こんばんは。佐藤友子です。本当によく相談されることがあります。「ブログが書けないんですよ。どうやったら書けるようになりますか?」今日は3つの問題点に分けてみました。

 

人気ブログランキング

(ブログランキングの応援ありがとうございます。今日は集客ブログのつくりかたについてです)

 

問題点1「コピーライティング力の不足」

まず1つ目は「コピーライティング力」の不足です。伝えたいことはある。または文章を書くことが嫌いではないけれど「伝えかた」が下手という人です。

 

そういう方は「文章力」というふうにひとまとめにしていますが、そのくくりが曖昧なのです。いくら商品や主張がよくても、伝わらなければなんの意味もありません。集客には集客に特化した「書き方」があるのだということを知らないのだろうなと思います。もっというと、アクセスを集める書き方と、販売する書き方は違いますが、その違いも知らないのです。

 

問題点2「ブログは資産と思ってる」

資産という言葉の定義にもよりますが、たんにWEB上に記事が残ることを「資産になる」と間違っている人が多いです。そのように「ブログを書いてたら書くだけ資産が増える」と単純に考えてしまうので「記事が増やせない」のが悩みになってしまいます。

 

結論を言うと、ブログだけでは資産になりません。そこがわかってないのだろうなぁと思います。

 

問題点3「構造がわかっていない」

単純に「ブログを書けば集客につながる」つまり「集客が増えないのは自分(自社)のブログの書き方や記事数に問題があるんだ」って勘違いしているということです。

 

そもそも論なのですが、自分のビジネスを設計したときに「ブログ」って必要なのか?と考えたことはありますか?「資金がないときはブログ記事をとにかく増やして、それをSNSでシェアして広めましょう!」なんて間違ったことを教えているコンサルタントがいるせいかもしれませんが、そこ、ブログじゃないですよ。とツッコミたくなることも多いです。

 

だからと言って「ブログは必要じゃない」ということではありません。もし、構造を正しくみてビジネスの設計をした際に、必要であればつくった方が良いということになります。つまり、「ブログが必要かどうかわからない」というのが問題ということです。もっというと、「設計上ブログがどの位置にあるか」も誤ると危険です。

 

ちなみにおまけですが、アクセス数が多いからといって、売り上げにつながるとか良いブログとは限りません。このブログのアクセスはハッキリ言って多くないです(笑)。でも問い合わせをいただいたり、お申し込みをいただきます。

 

通常SEO(Search Engne Optimization 検索上位表示)的には検索キーワードで上位表示されるには数年かかるとも言われていますが、うまくいくブログは最初からうまくいきますし、うまくいかないブログは記事数を増やしても意味がないのです。

 

弊社の情報発信媒体で一番濃いメルマガ登録はこちら。無料で登録&解除は自由です。お気軽に読んでみてください。

友だち追加

 

 

弊社の情報発信源(Free)
*Q&Aや動画配信で
「スグ使えて役に立つ」メルマガ
「経営力向上委員会」
*週一配信のLINE@
「Morning Supplement」

 

 

この記事を読むとあなたの経営力がさらに上がります