toggle
2019.09.27

「質量転化」の法則

こんにちは。佐藤友子です。「頑張ってるつもりなのに、なんだかうまくいってない!」という人にぜひ読んでほくて書きました。

 

人気ブログランキング

(ブログランキングの応援ありがとうございます。今日は質量転化の法則についてです)

真面目な人にありがちな、ある特徴

個人事業主や小規模法人の方々からの相談を、私はよく受けています。そこで、「真面目で優秀なんだけどうまくいかない人」ってたくさんいるなと思いました。また、彼らが決まって持っている、とある特徴にも気づきました。

 

鉛筆をかじった経験って、誰しもありませんか?笑

 

気を取り直して、真面目で優秀な人って、起業や事業の代表としては、ハッキリ言って芽が出にくいです。慎重すぎるんですよ。そんなことをいう私も「真面目で優秀」なタイプなので気持ちはわかります(自分で優秀って言うなって感じですね。笑)

 

私は起業して1年くらいは、なんというか鳴かず飛ばずでした。けれど、ある基準を変えてから、どんどん業績が上がりだしました。それは「外的な行動を限界まで増やす」ということです。

 

もっと直接的にいうと、「人に会って営業する」ということです。業績がかんばしくない人や会社は、これをやっていないか、量が少なすぎます。だから、「HPをプロに作ってもらったら顧客が来るはず!」「よいチラシをまけば、お客様がどんどん増えるはず」「品質を上げれば受賞とかしてたくさんお客様が来るはず!」とか、「待ちのアプローチ」をしてしまうんですね。

 

そんなに甘くはないですよ。そういうのがあるとしたら「頑張らなくても売れる♪」という類のマーケティング手法に、まんまと絡め取られているだけです。

 

量→質に変わる。けれど・・・

この際(?)なのでハッキリいうと、量は質に変化します。けれど、質は黙っていても上がりません。たとえば、スマートフォンだって最初は慣れなくても、今は使いこなせているでしょう?使っているうちに、スムーズに使えるようになるのです。あ、私も看護師1年生の時から比べると、ずいぶん採血はうまくなりましたよ。笑

 

けれど最初はとても怖くて、「他人の腕に針を刺すなんて・・・」とおっかなびっくりでした。でも、いつしかそれを乗り越えないと、うまくなんてならないですよね。いくら「採血上達の本」とか読んだって、先輩の話を聞いたって、自分でやってみないと。スマホだって、マニュアル読んでるだけじゃ使えるようにならないですよね?行動しない人は、いつまでもマニュアル読んでるのと同じってことです。

 

ビジネスシーンで具体的にいうと、顧客リストをピックアップして、片っ端からアポを取るとか、顧客層がいそうなワークショップなどに参加してみて、リアルな顧客とつながるとか、事業の先輩に弟子入りして、一緒に仕事をするとか。そうしているうちに、量が質に転化していくのです。

 

もしもゼロから再スタートするなら

もし私が、「新たにビジネスを始めてください」と言われたら、最初にやることは色々ありますが、ある程度仮説がたったら、どんどん見込み顧客に会いに行きます。そして商品のプロトタイプをテストしたいので、モニターさんなどを募ります。時には、こちらが費用を持ち出しで、赤字になることもあるかもしれません。営業もたくさんかけるでしょう。

 

「行動が足りない」と言われる、真面目で優秀な多くの人は、「内的な行動」ばかり多くて「外的な行動」が圧倒的に足りてません。逆にいえば、そういう人が「外的な行動」を増やせば、真面目さと優秀さが活かされてくる。そうでなければ死ぬ。ということです。

 

今からでも遅くはありません。あなたは、今日から何をしますか?行動せずに、質を上げようとしていませんか?

 

弊社の情報発信媒体で一番濃いメルマガ登録はこちら。無料で登録&解除は自由です。お気軽に読んでみてください。

友だち追加

 

 

弊社の情報発信源(Free)
*Q&Aや動画配信で
「スグ使えて役に立つ」メルマガ
「経営力向上委員会」
*週一配信のLINE@
「Morning Supplement」
この記事を読むとあなたの経営力がさらに上がります