toggle
2017.10.03

ビジネスを軌道に乗せるのは「Be・Do・Have」の法則

こんばんは。マーケティングコンサルタントの佐藤友子です。ビジネスをまずは軌道に乗せたい!誰しもスタートアップ時は考えることだと思います。

 

最重要項目は「お金」「やりがい」何にすべき?

世の中には成功するための法則や方法があふれています。最短で成功したい!って誰もが思ってるはずなので、さまざまな方法論が目につくのはわかります。数ある選択肢から、一番早く、失敗しない方法を選びたいのです。

実は、成功への近道に決まったルートはないんです。結論を言えば人によって違うので、自分にとっての「最重要項目」を決めることが大事なのです。今日はその「チェック方法」をお伝えします。

 

決まったルートはなくても「条件」はある

成功する人の特徴として

(1)大量に行動できる(テストがたくさんできる)

(2)熱量を持って取り組んでいる(他人を惹きつける)

(3)愚痴や文句を言わない(外部に責任を求めず、コミュニケーションが円滑にできる)

というものが挙げられます。

 

それらの条件を満たすには、「絶対お金」「絶対やりがい」っていう項目ってないんですね。人によって違います。ですがこれがノウハウになると、「お金を基準にしたほうがいい」「自分の欲に正直にしたほうがいい」と、方法論に走ってしまいます。

 

・Be(ある)

・Do(する)

・Have(持つ)

 

という、3つの状態を表す動詞があります。これらを名詞にすると、

 

・Being(在り方)

・Doing(すること)

・Having(所有物)

 

ってなります。順番的には、Being(在り方)がしっかりあって、Doing(すること)が決まり、それを行った結果、Having(所有物)として現れる。という順序になっています。

 

たとえば、起業して成功したい!という思いがあり(Being)、たくさん行動し(Doing)、たくさんの方から感謝されて収入も上がった!(Having)っていう感じです。

 

つまり、方法論だけ語るのはDoingばかりなので、Beingを明確にしてからでないと意味がないし、逆にいくらBeingが立派だとしても、自分にとって大事なHavingが得られないようであれば虚しくなるんです。Havingって言うのは、何もモノやお金だけではなく、人や思いにも当てはまります。

 

Be・Do・Haveは繋がってるか?

人間は自分で決めたことには責任をとりたがります。ですから、自分が心からやりたい!と思ったことに関してはスイッチが入るんです。そうすると、大量行動ができるようになります。Doが動き出すんですね。そうすればおのずとHaveにもたどり着きます。さらに、熱量が高いので人を引きつけます。

 

もしあなたが、思うような結果を手にできてない。いまの方法がなんかしっくりこない。というようであれば、今の目標に「心からピン」ときてない可能性が高いです。つまり、自分ごとの「Be・Do・Have」でないということ。

 

BeとHaveがしっかり決まっていれば、正直Doはどんなことでもできます。無理にやってるんじゃなくて、必要だから進んでワクワクしてやるようになるんです。ということは、最初にDoから入るとうまくいかないってことがわかります。巷のノウハウ本などの効果がないのはこのせいです。

 

Haveを先どりしても効果がないのもうなづけますよね。たとえば、「ファーストクラスに乗る」とか「長財布を持つ」はHaveですが、お金があるから結果的にファーストクラスに乗ったり、よい財布を所有しているのであって、その行動を先どりしても引き寄せなんて起こりません。笑

 

ぜひあなたのBe・Do・Haveも、一度見直してみてください。うまくハマれば、大きくエンジンがかかりますよ!

 

人気ブログランキング

弊社の情報発信媒体で一番濃いメルマガ登録はこちら。無料で登録&解除は自由です。お気軽に読んでみてください。

友だち追加

弊社の情報発信源(Free)
*Q&Aや動画配信で
「スグ使えて役に立つ」メルマガ
「経営力向上委員会」
*週一配信のLINE@
「Morning Supplement」
関連記事