toggle
2017.11.09

みんなにどーなって欲しくてやってるのか!って話。

という私の、野村監督ばりのボヤキを、たまには聞いてください。笑 語り口調もなんやこれ?だけどまぁ。。お許しを。笑

たまには、コピーライティング全く無視で綴ってみるのもいいかなと思ったので、読んでやってもいいぜっ!って方はお付き合いください。読み返して結構泣けてきたというハナシ。笑

 

ナース職とコンサルタント

 

今まで私、10年以上看護師っていうバリバリ資格職の鏡!!みたいなことをやってきたからか、「資格」ではなくて「自分のチカラ」で誰かを幸せにしたい。「看護師さん」じゃなくて「佐藤さん」って呼ばれる仕事がしたい。。ってずっと思ってて。もちろん今となっては、それは私の考え方であって、ナースという形式に勝手に囚われちゃってたなーって思うんだけど。別に資格職だと言っても、固有名詞を読んでもらうことはできるしね。笑 そして資格職じゃないとできないこともあるし。(でもやってみないと気づかなかった)

 

なんていう本当にワガママな自分の理由で起業したんだけど(誰でもそうか)、やっていく中で「誰をどんな風に助けたいのか?」「どんな世界に連れて行きたいのか?」ということは、ずーーーーーーっと考え続けてて、でもなかなかわからなかった。手法以前にずっと辛いっていうか、「本当に役に立ててるんだろうか??」っていう不安はいつもあって。

 

というか、もともと結構バカ真面目みたいな性格だから、人様にご依頼いただいたからには、しっかりやらないと!責任取らないと!って思ってて、でもまー、それはそれで悪いことではないと思ってるし、意外と責任取らない人の方が多いから、逆にすごく大事なことだとも思ってる。(って真面目さんの共感をここで募るっていうw)

 

医療っていうのはデータが判断基準になってて、でもその元にあるのは、「幸せに生きていたい(または死にたい)」という患者さんの思いであったりして、「キモチ」と「事実」がいつも表裏一体だったんだよね。だから、どっちがいい悪いとも言い切れない。でも、両方ないとうまくいかないんだよ。っていう、なんというか感覚みたいなのは、ずっと自分の価値観として根付いてたんだよね。うむ。

 

「キモチ」と「事実」のウラオモテ

 

これって本質じゃないかと自分では思ってるんだけど、「キモチ」は幸せを測るモノサシ、「事実」はモノやコトとして表層化したもの。みたいな、なんていうか、どっちが欠けても幸せじゃないんじゃないか?って私は思ってるんだよね。

 

というのも、ココロの世界だけじゃなくて、私たちには生活があって、それは物質で成り立ってるから、病院で働いている時に患者さんを見て、「キモチが元気でもカラダが動かないと辛いな。。」ってすごく実感したんだよね。

 

今日、LINE@を読んでくださっている方から、「叶えたいコトがあって準備をしてたけど、病気を宣告されて立ち止まらざるをえなくなった。稼ぐ責任をものすごく感じた出来事だった」ってメッセを頂いて、もう本当にいたたまれない気持ちになった。

 

この方はやりたいコトのために海外留学までされている方で、向こうの弁護士さんに法制度を聞いたりと、精力的に活動されていらしたので、夢や目標がそこで一時中断せざるを得ない状況が本当に私も悔しくて。だから足で稼ぐビジネスだけじゃなくて、収益がある程度自動化できたり、小さく始めて仕事を組織にして、自分が少し現場から離れてても回る仕組みとか、そーゆー形態もコンサルできるようになりたい!こーゆー方も助けたい!って強く思うきっかけになった。

 

なんかそーゆーリアルな状況に立ち会うと、「どうなりたくて」「何のために」「誰のために」仕事してるんだろ?ってよく考えたほうがいいな。「キモチ」と「事実」はちゃんとはっきりさせたほうがいいな。って思えてきて。

 

でもさ、結局私は仕事は誰のためにしてるの?っていうと「自分のため」だし、誰のためにやってんの?っていうと、究極「自分」だと思うんだよね。

 

自分が富を独り占めしたい!とか、自分さえ儲かればいい!とかそういうコトじゃなくて、「それがやりたいからやってるんだ!」という意識があるかないかなんじゃないかって。そこでやっぱり、「誰をどんな風に助けたいのか?」「どんな世界に連れて行きたいのか?」に立ち返るんだよね。

 

シンプルに「幸せになってもらいたい」

 

で、いきなり(笑)、今日書斎の本棚を整理してて、これが見つかったんだけど。

去年大阪でも個人事業主・個人起業家のためのコンサルティング・ビジネススクールを運営してて(今年は体力問題から東京でのみ(笑))、そこに学びに来てくださった方に、終了時にいただいた手作りのアルバム。

私と手書きのフクロウが表紙というもうカオス極まりないアルバムを手にした瞬間、これはただものじゃないと思った。。笑 下に書いてあるいい言葉がかすむw

 

中を眺めてたら、一人一人の写真が載ってて、可愛くコラージュされてて、「スクール生の活躍」のコーナーとかがあって、始めてシェア会やお教室を開いたり、販売の経験をしたり、私自身がレッスンしてもらってたり(笑)、イベントでステージをしていただいたり、メキシコからご受講くださってる方がいたり、まーなんというか、ぎこちない写真とかもあったけど(笑)「やりたいこと」をやってて、みんな本当に楽しそうにしてたんだよね。

 

「自分がやりたいっ!」って思ったものに向かってひたむきに頑張る姿がそこにはあって、胸がいっぱいになった。このアルバムに今日教えられたんだけど、私はクライアント様には「幸せになってもらいたい」と、そんな世界に連れて行きたいんだと、シンプルに思った。

 

そもそも「クライアント様」という表現もしっくりこなくて、パートナーさん、というか〇〇さんって固有名詞でずっと呼びたいくらいなんだけど、まーそこは形式上、、、。なんというか、ともに発展させていける間柄でありたいし、私は仕事上の「キモチ」を「事実」に現実化させていくための実務的なことを主にアドバイスさせていただく上で、仕事だけじゃなくてやっぱり人生が幸せであってほしい。そう思ってるんだよね。

 

思考は実現化。。しない!

 

と言っても、やっぱり思ってるだけじゃダメで、具体的に行動したほうがいい「MUST」は存在するので、それを通して夢や目標、やりたいこと、生きたい人生を叶えてほしい。私はそう思ってる。

 

だからそのためにノウハウを仕入れるし、アドバイスもさせていただく。仕事上のノウハウだけじゃなく、心理学的なものも必要かな?と思ったら取り入れたり、今後は専門の先生を招いたりして、より「楽しくラクに」夢や目標を実現してもらい、幸せに生きてほしいなと、私は思ってる。

 

今後もやっぱ、、みんなの幸せが理想だけじゃなくてカタチになるように。そんな世界を実現していきたいと強く思った、、、って出来事でした。終始語り口調になっちゃったw

 

・・・・・・

 

だからなんていうか、思うのもいいけど、実現していこうよ!そういう世界観を叶えようよ!やりたいならいくらでもサポートするよ!私、それがやりたくてやってるからさ!っていうのが私がやってることです。今後スタッフさんとかを増やしていく過程でも、やっぱりそーゆー思いの人と一緒にやって、世の中に波及させていきたいなと思う。

 

そんな世界観がいいな。叶えたいな。そう思ってくれるなら。ぜひ一度会いにいらしてほしい。損はしないハズだから。笑 あなたに会えることを、心より楽しみにしています^^ぜひ来てみてね♪

 &密かに、、ブログランキング復活しました♪よかったら応援のポチ!をよろしくお願いいたします^^


女性起業家ランキング

関連記事