toggle
2017.08.01

「即満席」の作り方とは?

こんばんは。マーケティングコンサルタントの佐藤友子です。先週末、『即満席はつくれる!メールマーケティング講座(基礎編)』を開催してきました。

マーケティングが発達して、一体なんのツールが一番いいのか?とか色々言われますが、基本的に役割が果たせればなんでもOKなんです。だから、LINEがいいとか、もうメールは読まれないとか、そういう問題でもないんです。「いつ」「どんなんときに」あなたの情報を見ているのか?と具体的に想像してみるのがいいです。ちなみに私のLINE@は、通勤途中や仕事先に向かう途中に、忙しいビジネスパーソンが読んでいただくことを想定しています。本当はもうちょっと細かい設定がありますが。となると、それなりの仕様にすること、それなりの配信時間、文字配列、文字数、内容の工夫などなど。。。が考えられますよね。メールマガジンも一緒なんです。

 

講座にはメルマガライター、起業コンサル、ナチュラルグッズのショップのオーナー、メディアアプローチのプロデューサー、ライフオーガナイザー、発酵飲料やローフードの講座を行っている方、たくさんの方がご参加くださいました。職種を超えても『伝える』というスキルは幅広く使えますので、お力になれると思います^^

 

メルマガライターのMさんが、こんな素敵な感想を書いてくださいました。※Mさんのブログに飛びます。そうそう、Mさんがおっしゃるように、全てはテストなんです。めっちゃくちゃテスト!TE・SU・TO!!そしてテストする前に、お客様をまずは意識することが大事です。

 

『即満席』『即完売』はつくれる!

 

 

『即満席』『即完売』はつくれるんです。本当です。私がそうやってやってきましたし、クライアント様にお伝えして再現してきました。それに至るまでには、お客様との関係構築がキモになります。そのためには、まずはあなたの情報を受け取ってもらうことが必須になります。よく、facebookのメッセージやメールなどでも「初めまして〇〇です!佐藤さんの投稿いつも楽しみに読んでます!〇〇に興味はありますか?私は〇〇やってます。良かったら登録お願いします^^」みたいなセンスのかけらもないメッセージを頂戴することがあります。なに?登録って?本当によくあります。出会ってすぐに付き合ってくださいまではいかないけど、相当気があう人に向けてのオファーかけられたなと、まじセンスないなって密かに思ってしまいます。最初の印象で興味が0だったのが一気にマイナスになる感覚です。『売り込まれたっ!』って思われると、悲しくなるのが人間です。

 

ビジネスパーソンである以上、売り込みは徹底的にしたほうがいいです。したほうがいいのですが、基本的に人って自分に利益があることしか興味がないんですよね。なので初見では相手との関係構築に力を割くべきです。焦っちゃうからいきなり売込んじゃうんですよね。そもそも仕事に困ってなければ、メッセージで営業なんてかけないはずなので、いきなり売り込みが来ると、『この人焦ってる?』っていう印象を与えてしまいます。

 

真のお客様目線とは?

 

『お客様目線』ってよく言うけど、それって具体的にどゆこと?って思いますよね?そもそもビジネスって誰のためにやるの?と考えた時に、100%お客様のためじゃなくでもいいんです。というのも、商品提供をしていく上では、お客様にとってどうメリットか?って考える必要があります。ただ、その仕事をやりたいと思った、あなたの意思があるはずです。あなたの意志や意向がそこに向いているということも非常に大切なことになります。

 

あなた自身がこの仕事をやるべき理由を明確にして、その上でお客様の役に立とう。と考えてみてください。例えば、患者さんを救いたい!という思いが強いドクターか、患者さんのために頑張りますよ。というドクターか?微妙な違いですが、同じ技術を持つのであれば、ドクター自身が「医師をやりたいんだ!」という気持ちほうが、より親身になってくれそうなだって気がしません?そう、自分のためにもビジネス展開はしてください。そしたら、お客様が何を求めているのか?何を探しているのか?をお客様の目線になって考えます。

 

あとはそこに、STEPメールにして販売していくコツや、メールでもなんでも、一番大事なタイトルのつけ方なんかを、実際の開封率とともに解説させていただきました。

 

詳しい方法が知りたいという方は、ぜひ8月10日の講座にいらしてください。まだ数席ですが空き席がございます^^

→講座の詳細はこちら

 

 

関連記事