toggle
2018.03.19

なぜ勉強をする人は売れないのか?

こんばんは。佐藤友子です。商品が売れる人と売れない人の違いって明確にあることが最近わかりました。

 

人気ブログランキング

(ブログランキングの応援ありがとうございます。今日は売れる人になる方法についてです。)

 

 

品質を上げようとする人ほど売れなくて苦労している

コンサルティングの仕事していて法則性を見つけました。それは、「売り上げをあげるために一番先に何をしますか?」という質問に対して

 

「クオリティーを上げるために、もっと専門分野の勉強をします!」

 

という人ほど売り上げが上がらない傾向にあります。えーなんでー!!!って私は最初不思議でした。こんなに企業努力されてるのになぁ。。って。でも実は、そこに商売の基本中の基本の罠がありました。

 

セールスが下手!問題

「クオリティーを上げたい」とおっしゃる方の多くは、品質で勝負したい!という潜在的な欲求があります。つまり極端に言えば、「品質が良ければお客様は信頼して集まってくださるはずだ!」という思い込みがあるんです。考え方のクセといってもいいかもしれません。職人気質の方に多いです。

 

私もそういう気質があるのでわかりますが、「売るのが苦手」だから「クオリティーの向上に走る」という、セールスの代替行為として商品の改良を行なっている場合があります。自分で気づいてビックリしたんですけど。笑

 

「セールス(販売)が苦手」というところは商売をしている以上、致命的な部分です。ここに罪悪感を感じていては、いくら品質向上を行なっても意味がないのです。

 

APAホテルの元谷芙美子社長や、ソフトバンクの孫正義社長も「商売に必要なスキルは営業である」とおっしゃっています。そのくらい「営業・販売」って核になるスキル!

 

品質向上に走ってしまうという場合は、販売はもとより、自分が購入することを心の底で快く思っていないことが多かったりします。だから売ろうと思うと、相手に嫌なことをしている気分になって罪悪感となるのです。

 

ということで、まずはあなた自身が商品を快く購入できているか?買い物に対して嫌な感情がないか?ということを思い起こしてみるのが第一歩と言えます。

 

セールス下手は、ちゃんと乗り越えることができます^^せっかくの素晴らしい商品なのですから、もっともっとセールス上手になって、世の中に広めて欲しいなって私は思っています。

 

 

 

弊社の情報発信媒体で一番濃いメルマガ登録はこちら。無料で登録&解除は自由です。お気軽に読んでみてください。

友だち追加

 

 

弊社の情報発信源(Free)
*Q&Aや動画配信で
「スグ使えて役に立つ」メルマガ
「経営力向上委員会」
*週一配信のLINE@
「Morning Supplement」

 

 

関連記事