toggle
2018.06.08

金儲けと人助けは両立するか?

こんばんは。最近ワイのタイピングのスピードにキーボードがついてこれず、なぜかキーボードと気持ち的に競っている佐藤です。(・・・。)

 

さて「お金儲け」って聞くと嫌な気持ちになりますか?もしそうであれば、事業で成功することは難しいです。だって「もうかりまっか?」の世界ですから。

 

人気ブログランキング

(ブログランキングの応援ありがとうございます。今日はいいひとのお金儲けについてです)

 

 

金儲けと人助けは両立するか?

結論から言うと両立します。

 

ほとんどの人が「ボランティア」と「お金儲け」と「奉仕」と「人助け」がごっちゃになります。そしてなぜか、「お金儲け」と「人助け」は両立しないと思い込んでいる。しかし両立しないのは「お金儲け」と「ボランティア」だけです。

 

何も詐欺をしたり嘘をついたりしろというわけじゃないのですが、セールスが苦手だから「人助け」「ボランティア」の延長線上に結果的に「儲かった」があると合理化しがちなのです。

 

私が病院で第一線で看護師として働いているときに、とても素敵な女社長さんが入院されました。ご主人が会社を興して間も無く亡くなられ、女だてらに(表現昭和ですいませんw)会社を切り盛りしてかなり大きくされました。

 

「会長、会長!」と社員がお見舞いに来るのが耐えず、私たち医療スタッフにも「ありがとう」を欠かさない、人格的にも素晴らしい方でした。「うちの商品ね、〇〇(デパート)にも置いてあるの。とてもいいのよ」って商品にも自信を持っていらして。私はこの方のようになりたい!というのがずっと一つの目標でもあります。

 

寿命というか病状のためというか、入退院を繰り返してお亡くなりになりましたが、彼女は「お客様や従業員の幸せのため」に利益の追求をしていました。とても尊いことです。GDPだって上がってる。お金儲けのどこが悪いの???って。。。思いません?

 

戦略から逃げるな

行き当たりばったりでは、ある程度はうまくいくかもしれませんが、直視しないといけないものもあります。例えば、、、財務状況だったり、リピート率などの数値だったり。それらの現状を把握して、これからどう対策を打っていくか?を考えないと、儲かるわけがないのです。

 

風が吹けばいつの間にか桶屋が儲かるわけではありません。桶屋を儲けさせるために、どんな風を吹かせるか?を逆算することが戦略です。

 

そしてその大元には「お客様に幸せになってほしい」という気持ちがあるはず。それをあなたの中や外で膨らませていけばいいだけ。「お金儲け」がどうしても嫌だ。という方はもしかしたら「自分の安全>お客様の幸せ」になっていて、ビジネスの土台に乗っていないのではと私は考えます。

 

あなたはどちらでしょうか?

 

弊社の情報発信媒体で一番濃いメルマガ登録はこちら。無料で登録&解除は自由です。お気軽に読んでみてください。

友だち追加

 

 

弊社の情報発信源(Free)
*Q&Aや動画配信で
「スグ使えて役に立つ」メルマガ
「経営力向上委員会」
*週一配信のLINE@
「Morning Supplement」
関連記事