toggle
2020.03.06

「コロナ・ショック」でセコく稼ぐ人々

こんにちは。佐藤友子です。新型コロナウイルスのあれこれで、セコく稼ぐ人々が出てきていて、ほんとビジネスセンスないなって思います。

人気ブログランキング

(ブログランキングの応援ありがとうございます。今日はコロナウイルス騒動でやってはいけないビジネスの対策についてです)

 

そんなセコいことやってるからダメなんですよ

新型コロナウイルスの影響で、外食・旅行・レッスンなどのビジネスモデルに経済的な影響がありますが、その陰で「私は逆に得しちゃってます!」と主張する人(事業主・会社)もいたりします。

 

たとえば、テレワークをすでに導入していたなど、影響が少なくすんでいるような場合は良いとして、「コロナの影響でうちの商品バンバン売れてまーす!」みたいなことを言っている人は、ほんっとビジネスセンスがないなって思います。

 

そもそも論として、ビジネスは「安定」させていく方向に調整していかないと、経営がなりたちません。今話題になっている新型コロナウイルス肺炎はあくまで「特需のようなもの」つまり「イレギュラー」でして、ずっとは続きませんよね。そこで稼げるだけ稼ごう!しぼりとれるだけしぼりとろう!と思ってしまうのは、今後自分にチャンスがないとわかっているから、つまり「有事ねらい」でハッキリ言ってセコいです。

 

なぜなら、有事ではなくて平時にどうするか?そして、有事への備えがあるかどうか?が本当に重要なことだからです。

 

今後のピンチを、いったいどう乗り切る気なんですか?

これまでの歴史をふりかえってみると、オイルショック、リーマンショックなどなど、私たちにコントトールできないけれど、大きな影響力をもつ出来事って、たびたびあったはずなんです。そのとき、影響に耐えられない会社からつぶれていきました。そしてこれからも似たようなことはあるはずなんです。ですから、そういう出来事をうらんでも仕方がないわけです。

 

今回コロナウイルス関連のことでアワアワしてしまった人も、そこでセコく稼ぐようなことしかできていない人も、誰かの情報に踊らされてしまった人も、そんなことではビジネスとして弱すぎます。もっと基礎体力をつけたほうが良い。そしてそういう情報に踊らされないよう、「自分にとって」正しい判断ができるような考え方を身につけたほうが良い

 

ちょっと自分は心配かも?と思った人は、その場限りのノウハウやテクニックではなくて、基礎体力をつけれるようなことを、ぜひ学んでください。そうでないとまた同じような時に、同じように時代に「踊らされる」ことになってしまいませんか?

 

弊社の情報発信媒体で一番濃いメルマガ登録はこちら。無料で登録&解除は自由です。お気軽に読んでみてください。

友だち追加

 

この記事を読むとあなたの経営力がさらに上がります