toggle
2018.08.24

1000万円の壁

こんにちは。佐藤友子です。私は年商にして1000万円を超えてから、明らかにビジネスに対してのステージも変わりました。

人気ブログランキング

(ブログランキングの応援ありがとうございます。今日は1000万円稼ぐとどうなるか?についてです)

 

初めは30万円でよかった

起業しようと思った当初私は、お勤めでもらっているくらいの金額が稼げればいいと思っていました。

 

当時看護師として常勤で働いていて、だいたい年収が600万円。ボーナスを除くと手取りで30万円台。そのくらいあれば御の字だなぁと思っていたんです。

 

けれど、その金額をクリアしても、あれ、お客様にもっとできることあるよね?と思うと同時に、求められることも増えていき、色々と勉強して試行錯誤してたら。。。

 

いつの間にか収入も上がっていました。そして1000万円を超えてからは、明らかに金額以外の目標が増えました

 

1000万円の山を登ると見えてくるもの

収益が上がれば自動的にやることが増えていき、一人では回らなくなります。いろんな人の力を借りる機会が増えます。さらに利益が出てくると、税金対策をしたほうがいいです。

 

そうなって初めて、世の中に役に立ちたい!と思い、株式会社を設立しました。初めて定款(会社設立に必要な書類)をつくったり、 屋号を決めたり。これはわたしひとりのことじゃないんだ。と妙に緊張したのを覚えています。

 

稼ぐとその分、経費など出て行くお金も増えます。他社の有価証券報告書や中小企業庁、経産省の情報などにも目を通し、ああ、利益を上げ続けるって難しいんだな。と現実を知りました。

 

私なんかが良いんだろうか。そう考えると眠れなかった夜もあります。

 

ただし、厳しい現実もありながら、可能性も見えてきました。こういう会社は儲かってるな、こんな事業もあるんだ、こんなステキな会社もあるんだ!と、私の目標がどんどんできていきました。

 

1000万円の山に登らないと、見えなかった景色です。そうでなければ、ずっと自分のことばかり考えていたと思います。

 

ひとりでは叶えられない目標がある

わたしの目標は、利益を出しながらも周りの人々世の中を幸せにする、そんな事業拡大のお手伝いをすることです。個人事業のさらに一歩先へ、進める方や会社を増やしたいのです。

 

その目標もわたしひとりでは難しいので、今多くの方の助けを必要としています。誰かの助けを必要とした時に、企業は自然と大きくなっていく。そう実感しています。

 

ビジョナリーカンパニー2という書籍で「バスに乗せる」という表現があるのですが、Life&Workパートナーズ株式会社というバスに一緒に乗ってくれる人が、今増え始めていて嬉しく思っています。もっと大きなバスになったら、たくさんの方に乗ってほしいです。

 

もしかしたらこの記事を読んで、ちょっと壮大だなと思ってビックリしたかもしれません。けれど私も、はじめからこんなことは考えていませんでした。徐々に登ってきたのです。

 

あなたは今、どんな山に登っていますか?焦らず今の山にしっかり登ったら、その先は自然とみえてきますよ。ちょっと迷い中?そんな方のために、企画をつくっていますので楽しみにしていてくださいね^^

 

弊社の情報発信媒体で一番濃いメルマガ登録はこちら。無料で登録&解除は自由です。お気軽に読んでみてください。

友だち追加

 

 

弊社の情報発信源(Free)
*Q&Aや動画配信で
「スグ使えて役に立つ」メルマガ
「経営力向上委員会」
*週一配信のLINE@
「Morning Supplement」
関連記事